ファイナンシャルプランナーの仕事・国家資格と民間資格

ファイナンシャルプランナーには、国家資格である「ファイナンシャルプランニング技能士」のほかに、民間資格があります。ファイナンシャルプランナーは、顧客の目指すライフプランの実現を、家計状況や予想されるライフイベントなどを総合的に考慮しながら、長期的なプランを作成、提案することでサポートするプロフェッショナルです。この記事では、FP資格の説明と仕事の内容をご紹介します。

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

人それぞれ違った人生を歩みます。「将来はこうありたい」「いつまでに結婚したい」などの目標を達成するために、特に資金面において計画を立てることを「ファイナンシャルプランニング」と呼びますが、これを行うには、金融や不動産、税制、保険など、お金に関する幅広い知識が要求されます。ファイナンシャルプランナーは、まさにこれらの知識を備えたプロフェッショナルとして独立、もしくは金融機関などに所属して、日々働いています。

ファイナンシャルプランナーの国家資格

ファイナンシャルプランナーという肩書きで仕事をしている人でも、全ての人が同じ資格を持っているわけではありません。ここからは、ファイナンシャルプランナーの多くが保持している資格「ファイナンシャルプランニング技能士(FP技能士)」についてご説明します。
FP技能士は難易度の低い順に、3級から1級があり、「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」という二つの団体が検定試験を行っています。このFP技能士の試験に合格すると、その資格に有効期限はないため、更新等の作業は必要ありません。ファイナンシャルプランナーを目指す多くの人が当面の目標とするのが2級FP技能士の資格です。多くの場合、ファイナンシャルプランニングの実務に当たるためには、2級の資格を保持していることが望ましいと考えられているからです。それでは、3級から順に詳しく見ていきましょう。

3級ファイナンシャルプランニング技能士

3級FP技能士の検定試験は、「学科」と「実技」により行われます。3級の検定試験では、ファイナンシャルプランナーとしての基礎知識が求められるため、難易度はそれほど高くありません。学科試験に関しては、日本FP協会もきんざいも、どちらもマークシート式の二択、もしくは三択の同じ問題が出されます。実技試験に関しては、二つの団体でそれぞれ別の問題(記述式)が出されます。日本FP協会で行われる実技試験は「資産設計提案業務」です。きんざいでは「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」という2種類の実技試験から一つを選択します。この実技試験が異なるということが、受験者にとって選択を難しくするのですが、結局は、将来的に就きたい仕事に合わせて選ぶ。これが正しい選び方になります。こうすることで、テキストや講座などを選ぶときも、自分の目的に合ったものを選ぶことができます。

2級ファイナンシャルプランニング技能士

3級は難易度もそれほど高くなく、受験者のおおよそ6割以上が合格する試験です。しかし2級は、3級とは明らかに異なる難易度です。合格するのは全受験者のおおよそ3割。実際ファイナンシャルプランナーとして実務を行うために十分な内容を身につけなければ合格することはできません。
2級も3級同様に学科試験と実技試験があります。日本FP協会、きんざいで「学科試験は共通」「実技試験は別々」というところも3級と同様です。学科試験はマークシート方式で四択。実技試験に関しては、日本FP協会のお題は「資産設計提案業務」で変わりませんが、きんざいは「個人資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」「損保顧客資産相談業務」、そして「中小事業主資産相談業務」という4種類の中から一つを選択して受験します。3級同様、どちらの試験も記述式で行われます。やはり3級同様、どの実技試験を受けるのかを決めてから、テキストブックなどの教材や講座を選ぶといいでしょう。

1級ファイナンシャルプランニング技能士

FP技能士の中では、もっとも難易度の高い資格です。ファイナンシャルプランナーとしての豊富な知識と実務経験が求められる資格と言っていいでしょう。それは、両団体が定めている受験資格を見ても明らかなのですが、1級に関しては受験への道のりが複雑です。まずは両者の受験資格についてチェックしてみましょう。

・日本FP協会

日本FP協会における1級の受験資格は、「FP2級に合格していて、なおかつAFP認定者であり、その後に日本FP協会が認定するCFPライセンスを取得していること」となっています。CFPについては後述しますが、FPの民間資格としては最高峰のものとなります。

・きんざい

一方、きんざいの1級受験資格は、「FP2級所持者で、FPの実務を1年以上経験している」「FPの実務を5年以上経験している」「金融渉外技能審査2級所持者で、FPの実務を1年以上経験している」、これらを満たす場合、きんざいが行う「FP1級の学科試験」を受けることができます。その後、実技試験に合格すればFP1級技能士の資格取得となります。
1級の場合、受験までのプロセスが複雑です。そのため、資格取得の目的によって、どちらで受験するかを決めてもいいでしょう。 一つの鍵はCFPです。この資格は日本FP協会経由でなければ取得することができません。一方、CFPは必要なく、肩書きとして1級が欲しいという方は、きんざい経由がおすすめになります。
実はCFPは6つの科目の試験を段階的にクリアすることで取得しますが、これには時間とお金がかかるというデメリットがあります。きんざい経由と比較して5万円以上の差がつき、なおかつCFPの年会費を支払う必要があります。ただ、きんざいの1級試験は日本FP協会のものよりも難易度が高いと言われており、実際、合格率も10%程度にとどまっています。

ファイナンシャルプランナーの民間資格

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

ここからは、ファイナンシャルプランナーの民間資格についてご紹介します。民間資格は二つ存在し、どちらも日本FP協会が認定しています。

AFP

AFPは、2級FP技能士とほぼ同等の能力を持つファイナンシャルプランナーです。実際、AFPは、2級FPの検定に合格し、日本FP協会で講習を受けて登録することで取得できる資格です。あまり2級FPとの違いがわからない…という方もいらっしゃいますが、将来的にCFPを目指すのであれば、必ず取っておかなければならない資格になります。また、AFPを取得することで、日本FP協会の会員になりますので、ファイナンシャルプランニングに関するさまざまな情報を得ることができるようになります。ファイナンシャルプランニング技能士の資格が失効することはありませんが、常に学び続けることで、将来の可能性も広がります。

CFP

CFPは、北米やヨーロッパなど、世界的に認められている、ファイナンシャルプランナー資格のワールドスタンダードです。日本では、日本FP協会が試験を行っており、日本FP協会においては、1級FP技能士の受験資格ともされています。認定の要件として「教育=Education」「試験=Examination」「経験=Experience」「倫理=Ethics」という4Eを定めていて、CFPに認定されたFPは、秀でた知識と経験で、長期にわたる総合的なアドバイスを、職業倫理に則って行うことのできる真のプロフェッショナルFPとして認められています。

ここまでファイナンシャルプランニングに関わる国家資格「ファイナンシャルプランニング技能士」と、民間資格である「AFP」「CFP」についてご紹介してきました。ファイナンシャルプランナーは、人間の一生に関わるお金について幅広い知識を持つプロフェッショナルです。ファイナンシャルプランナーとして活躍するなら、まずはファイナンシャルプランニング技能士2級合格を目指して準備を始めましょう。